アフターピルとヤーズの違いと服用後に気分が悪い場合

アフターピルを用いる場合は、緊急的な避妊に限られていて、通常はヤーズなどの超低用量ピルや低用量ピルを用いて継続的に避妊をすることになっているので、セックスの時に膣内に射精されるたびにアフターピルを服用することは基本的には不可能となっています。ヤーズなどの超低用量ピルは生理周期に合わせて服用しないと効果がないので、飲み忘れなどのリスクがありますが、副作用が出にくいので安全性が高くなっています。アフターピルを服用した直後には気持ちが悪い場合もあるのですが、嘔吐してしまうともう一度薬を服用しなければならないので、吐き気を止める薬を服用するなどして対処をします。現在では副作用等が少ないアフターピルが緊急避妊に使用されていますが、それでも気持ちが悪い場合には医師に申し出て適切な対処をしなければなりません。ピルによる避妊は女性のホルモンバランスを変えてしまうので、体に悪いと考えられていましたが、ヤーズなどの低用量ピルに関しては少しずつホルモンの量を増加させるので、健康に対する悪影響はほとんどありません。しかし子宮を妊娠している状態に近づけることで避妊をするので、妊婦と同様に血栓症のリスクが高まったり、むくみなどの症状が強く出ることがあるので、副作用が出た場合には医療機関を受診して薬を変更してもらう必要があります。アフターピルに関しては黄体ホルモンだけを急激に増やすので一時的に不快な症状が出る可能性がありますが、中用量ピルを用いた緊急避妊に比べると吐き気などの症状が出にくいので体への負担をかなり減らすことができます。しかしアフターピルは何度も服用すると血栓症のリスクを上昇させるので、一度アフターピルを服用したら、その後は低用量ピルで避妊をするのが一般的です。

ページトップへ