もしものためにアフターピルは常備するべき

アフターピルは女性ホルモンに似た成分であるエストロゲンとプロゲステロンを混合したホルモン剤で、緊急避妊法のひとつとして、避妊が失敗した際に使用されるピルです。
主にコンドームなどで避妊していたけれど、行為中に破れてしまったなどの問題が起こった際や、レイプなどの性犯罪によって妊娠の可能性がある場合に使用されます。
基本的に低用量ピルのように副作用の少ない量ではなく、中用量ピルのようにホルモン量を多めに摂取する方法で、ホルモンバランスを急激に変化させることで排卵を抑制、または生理を早めることで、着床を回避する方法となります。
受精および着床の問題で、アフターピルの使用は性行為から72時間以内が望ましいとされ、それ以降では使用しても避妊率が極端に下がるとされます。
72時間以内に使用すると避妊率は80%ほどですが、使用が早ければ早いほど確率は上がり、性行為から24時間以内ならば90%以上で避妊が成功します。
アフターピルは医師の処方薬となっており、近所のドラッグストアでは購入することができず、避妊が失敗して慌てて買いに出かけても、購入することができなかったという話がしばしば報告されています。
購入にもたついていたり、仕事や様々な用事でいつの間にか72時間が経過して、望まない妊娠をしてしまう可能性もあるので、妊娠を回避するために常備しておくのも悪くないでしょう。
そうすることで、病院に行く手間も省け、早い段階で服用できるので避妊の成功率も格段に上がります。
産婦人科などで処方してもらえますが、常備用に購入しておくなら、個人輸入によって海外から購入するのも良いでしょう。
健康保険が使えないので、自己負担となって薬代が高くなりますが、個人輸入なら比較的に安く購入できるのでおすすめです。

アフターピルは確実に効果が出る?

アフターピルは避妊に失敗したり、望まない性行為で妊娠することを防ぐ緊急避妊薬です。
避妊の失敗から72時間以内にアフターピルを服用することによって、女性ホルモンの値を大きく変えて排卵を防いだり、子宮内膜を剥がしたり、子宮から卵巣への粘膜の粘度を増すことで、精子が卵子と受精できないようにするなどの働きがあります。
しかし、アフターピルを服用しても100%確実に避妊ができるわけではありません。
アフターピルの服用方法には2種類ありますが、どちらの方法を行っても約2%の人は妊娠してしまいます。
避妊をしない時の妊娠率が9%~15%と言われているため、アフターピルを服用した方が妊娠しない確率が高くなることは確かです。
また、72時間以内の服用で効果があると言われていますが、避妊に失敗してから少しでも早く服用することにより効果が上がります。
避妊失敗から12時間以内の服用で失敗率が0.5%、72時間以内の服用で失敗率4%と言われているため、避妊に失敗したと思ったらすぐにアフターピルの処方を受けて服用するようにしましょう。
しかしこの数値は平均的な値であり、本当に妊娠する確率が高い排卵日付近では、10%以上の人が妊娠してしまうというデータもあります。
受精卵が子宮内膜に着床した時点で妊娠したということになります。
妊娠してしまった後ではどれだけアフターピルを飲んでも効果はありません。
72時間以内だから、とゆっくりしていないで、避妊に失敗したらすぐに病院で処方を受けるようにしましょう。
アフターピル服用して数日~3週間ほどで消退出血が起こるのが通常ですが、万が一消退出血が起こらなかった時には妊娠している可能性があるため、病院で検査を行うようにしましょう。

アフターピルの副作用まとめ

アフターピルを服用すると、副作用があることがあります。
配合されている女性ホルモンの分量が多いため、通常の避妊薬として服用するピルよりも副作用が出る確率が高いとも言われています。
個人差も大きいためアフターピルを服用した全ての人に副作用が出るわけではありません。
アフターピルを服用した副作用として報告が多いものは、嘔吐や吐き気、頭痛などです。そのため、アフターピルを処方される時に、一緒に酔い止めなどを処方されることがあります。
あまりにも吐き気が酷い場合には、手持ちの酔い止めを服用しても構いません。
また、副作用として嘔吐してしまうこともあり、この場合にはアフターピルの成分を身体に吸収できていない可能性があるため、服用から嘔吐してしまった時間が短ければもう一度アフターピルを服用する必要があります。
処方してもらった医師に連絡して適切な対応をとるようにしてください。
その他の副作用としてむくみやむくみが原因の体重増加、倦怠感、胸の張りやイライラ、憂鬱など、生理前に起こるPMSのような症状が起こることもあります。
アフターピルの成分は、服用から2日ほどですべて体外へ排出されると言われています。
これらの副作用は体内で成分が吸収されて血中での濃度が高くなる服用から2~3時間の間に始まることが多く、24時間程度で軽くなってきます。
治まるのに数日かかったり、服用から数日して症状が出る、また服用してから2週間ほどずっと副作用の症状がある人など、その人の状況によって副作用がなくなるまでの期間は様々です。
あまりにも副作用が酷かったり、呼吸が苦しい、手足がしびれるなどの症状がある場合には医師に相談するようにしましょう。

■アフターピルについて理解をしていただけたなら
アフターピルで事後対策をしよう

ページトップへ