自律神経失調症について

原因について

自律神経にある交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで起こります。

昼間に働く交感神経は、心身が緊張している状態にあり、怒りや恐怖などの心的ストレスや睡眠不足や疲れなどの外的ストレスを感じると、血圧が上がり体に不調が起こりやすくなります。

また睡眠時などのリラックス状態に働く副交感神経は、血圧を下げ心身を落ち着かせる役割がありますが、緊張やストレスがないと交感神経が機能せずに副交感神経が過度に働くと無気力状態になり胃腸などの働きが鈍くなってしまいます。

自律神経失調症は、さまざまなストレスがかかることによって、自律神経の働きが偏り過ぎるとバランスを保つことが出来なくなり、体にさまざまな不調が現れます。

バランスを崩してしまう原因は、人それぞれ違うため、自律神経失調症を改善するには、原因を知ることが大切です。

原因として考えられることは、仕事や人間関係などのストレスによるもの、不安やイライラなどの心理的問題が関係しているもの、無気力や意欲低下などの軽いうつ病が潜んでいるもの、自律神経のバランスを崩しやすい生まれつきの体質などがあります。

原因をきちんと知ることが、適切な治療方法を見つけることにつながります。

豆乳イソフラボンのなめらか本舗
40代の化粧品
専科 | パーフェクト洗顔